3児のママが見たヨーロッパ

バルセロナ・ロンドン・パリで暮らしてきた3児の母からの欧州の風便り。長年の主婦生活で抱えていたいらいら&もやもやをコーチングがきっかけで払拭。一緒に「よい母親」より「幸せな母親」になりましょう。

欧州でのコミュニケーション

フランス語のずきゅんワード

こちらの人は知らない人同士でも、よく声をかけあうのだが、 代表的なのが、体や荷物が相手に触れたときや、 相手の道をふさいでいた、なんて時に、 「Pardon! パードン」と声を発すること。 フランス旅行しただけでも何回聞くか分からないだろう。 私は学生…

ポーランドからきたパリの運転手さん

海外でタクシーに乗るときはどうも緊張する。 密室だし、やはり感じの良い人がいい。 他にも、 最短の道を通ってくれるだろうか・・ ぼったくられないだろうか・・ と基本的な心配も。 それに、私はもともとおしゃべり好きなので、 タクシーでは世間話でもし…

魔法の言葉「マダム」

パリに住んで一年になる。 フランス語のレベルは挨拶とスーパーのレジ通過可能レベル・・ マルシェで込み入った会話とかはできない・・ 大抵のことを笑顔とジェスチャー、それに推測とウィで乗り切っている(笑) 以前住んでいたバルセロナで使っていたスペイ…

バルセロナで見た挨拶習慣2

バルセロナではいつでもHola!と互いに挨拶すること以外にも、 「目と目で会話する」という楽しい体験を日々させてもらったと思う。 特に、ベビーカーを押したり、子どもと手をつないで歩いていると、 かなりの確率で、向かいから来た人と目が合う。 また改め…

バルセロナで見た挨拶習慣1

バルセロナで暮らして好きだったことは ありとあらゆる場面で、親しい親しくないに関わらず、 必ず声に出して挨拶をするということだ。 それもどんな時間帯、どんな相手でも オラ!(Hola!)と声をかければよいのである。 スペイン語を習いに行って、 こん…