読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3児のママが見たヨーロッパ

バルセロナ・ロンドン・パリの欧州3都市で3児の母をしながら見たこと、感じたこと、学んだことをエッセイのように綴っています。日本での育児についても。

バルセロナで見た挨拶習慣2

バルセロナ生活

バルセロナではいつでもHola!と互いに挨拶すること以外にも、

「目と目で会話する」という楽しい体験を日々させてもらったと思う。

 

特に、ベビーカーを押したり、子どもと手をつないで歩いていると、

かなりの確率で、向かいから来た人と目が合う。

また改めて書こうと思うが、

スペイン人は根っから子どもが好きなのだ。

 

向かいから来た人はお年寄りの男性だろうが、若い女性だろうが、

まず子どもを見て、

そして隣の親を見て、

ニコニコもしくはニヤッとした視線を送ってくれる。

それはまるで「いいね!」という全肯定の視線。

 

私も「ありがとう」とばかりににっこりする。

息子がおかしな行動をしている時は「ええ、ええ、面白い子なんです」

という顔をしたり。

知らない者同士とにかく目と目で会話をする。

 

そうやって、

ちょっと外出すると、

沢山の人と目と目の会話をするので、

異国にいて言語が多少不自由でも、

疎外感とか孤独感とは無縁であった。

 

子どもに直接話しかける人も結構いて、

大体、

Que guapo!  なんてかわいいんだ!  

とか

Que pasa!  どうしたっていうの? (←あやしてくれてる) 

とか言われる。

母親なら何百回と言われるので、まず耳で覚える単語。

 

ウインクの日常使いにも驚いた。

エレベーター下りるときに子どもにウインク。

お医者さんが診察終わりに大丈夫だよとウインク。

うん。さまになってる。

 

日本では子連れでいると、人様からの視線がつらい時もあるが、

バルセロナでは一度もネガティブな視線にさらされたことがない。

もちろん仏頂面の人だっているし、興味を示さない人もいるが、

あくまでフラット。

ベビーカーが邪魔だと舌打ちされるなんてことはまずない。

 

人口密度の違いだろうか。。。

人と人が声を掛け合う。目が合えば微笑む。実に人間らしい生活。

まなざしが温かいだけで、居心地とはこうもよくなるものなんだ。

 

異国人の私にも子どもにも、

目をかけ、声をかけてくれるバルセロナの人たち。

レジが遅くて列が長い、冷蔵庫修理に来てもすぐ直せない、

そんなことがなんだっていうのだ。

毎日の母子生活が孤独じゃない、出かけやすい。

君はここで堂々と子どもを育てなさい、と言われている気分。

もう感謝しかないのである。