3児のママが見たヨーロッパ

バルセロナ・ロンドン・パリで暮らしてきた3児の母からの欧州の風便り。長年の主婦生活で抱えていたいらいら&もやもやをコーチングがきっかけで払拭。一緒に「よい母親」より「幸せな母親」になりましょう。

頭上注意で歩きましょう

バルセロナであった本当の話。

 

娘を学校に送り、息子をベビーカーに乗せて、

マンション(ピソ)が並ぶいつもの道を歩いていると、

背中に風を感じたかと思ったらドンっ!とすごい音。

思わず身をかがめ、振り返ると、

 

な、なんと!!!

レンガが一つ、木っ端みじんになっているではありませんか!!!

 

なぜか、オーーーマイゴッ!

と口から出てきた私。

 

(たぶん、海外スイッチが入ってた。でとっさに出たのが英語)

 

こ、これは・・・

私ちょっと遅かったら死んでたよね・・・

この赤いベビーカーの息子の頭上だったら・・・

 

一階の美容院からセニョーラが出てきた。

大丈夫??けがないの??

ないっす・・・てか口が乾いて声が出ないっす・・・

 

誰やねん!!って上を見ると、毛むくじゃらの腕が

7階くらいから出て、なにやら、窓周りの作業してる。

落ちたことには気づいてない。

 

本当なら被害者を増やさないためにも、

直接本人に指摘したかったが、

なんせ動揺していた。

その女性に上を指して、あの人よと言い残して、

いそいそと家路についた。

 

ああびっくりした。ほんとうに。

危機一髪ってこういうこと??

 

それにしても。

こんなことってある?

あるんだな。

でもあんな作業じゃ、これまでだって被害者いてもおかしくないよ。。。

 

ここは日本じゃない。

平時でも頭上注意。

 

そう思ってたら、パリでも工事現場からなんかふってきた。

娘と息子がキックボードで通ったそのあと、

ウレタンマットにエル字のプラスチックを巻いたようなのが、

ビルの外壁の角から剥がれ落ちてきたのだ。

 

ひーーーレンガより軽いけど、高さあると凶器だよねえ。

 

先進国だと安心してはいけない。

いろいろと降ってくることを考慮したほうが良いです。

特に工事現場、作業人の下。みなさま要注意。