3児のママが見たヨーロッパ

バルセロナ・ロンドン・パリで暮らしてきた3児の母からの欧州の風便り。長年の主婦生活で抱えていたいらいら&もやもやをコーチングがきっかけで払拭。一緒に「よい母親」より「幸せな母親」になりましょう。

スペイン人のおうちは片付いている2

その美容師さんが

 

「スペイン人の家は

 突然の来客でもどうしてリビングがこんなに片付いているのか」

 

と現地の友人・家族に聞いたところ、

 

「リビングはいつでも人を招けるパブリックスペース。

 子どものおもちゃや色彩の悪いものは置かない」

 

との返事だったそう。

 

おもちゃは子供部屋にしか置かない。

例え日中リビングに持ち込んでも、

遊び終えれば、子供部屋に持ち帰る。

さらにリビングには自分たち大人の好きなものだけを置く。

大人が居心地の良い空間を作るのだそう。

(子どもの絵なんかは子供部屋やキッチンなどに貼るとか)

 

ほほーーー。

 

その時住んでいたバルセロナのアパートには、

4歳児、0歳児がいつでもリビングで遊べるように、

リビングに積み木やバービーハウスなどを置き、

リビングのオープンラックには最下段に絵本をずらっと並べていた。

 

帰宅後、さっそく子供部屋に撤去(笑)

するとどうだろう!

 

毎晩すごい状態のリビングを見るのがげんなりだったのに、

絶対量が少ないためにちょっと拾えばよい程度に。

日中遊びたそうなものを子ども部屋からケースごと持ってきて、

遊び終えるとケースに入れ、戻す。

うん。合理的。子どもも不満気ではない。

お姉ちゃんは喜んで自分の部屋で遊ぶようになった。

 

ありとあらゆる細々したおもちゃを拾っていた以前に比べると

ずいぶん楽になったものだ。

 

そう考えると、、、

今まではリビングにおもちゃがあるから、

子どもはそんなに遊ぶ気もないのに、

とりあえず引っ張り出していた、と考えることもできる!

 

あ、でもあっても気にならない木の積み木だけは運ぶの重たいので、

リビングに戻したのでした。自分の快適も大事。

 

というわけで

整理整頓下手の私も少しづつ成長している。